2014年 おとめ座の空模様。

数年前、ある国を旅行したとき、
困ったことがありました。
それは、レストランなどでなかなか
「一人分のメニュー」が見つからないことです。
そこでは家族みんなで、あるいは仲間大勢で行動する文化があり、
ファミリーレストランとおぼしき場所でも、
メニューは大皿料理がほとんどなのです。
来ているお客さんもみんな、
おばあちゃんから幼い子供までの大人数で、
老人の手を支えながら歩く少年少女の姿がどこにでも見られました。
そんな習慣があるため、
その国では「介護サービス」という概念が
ほとんど浸透していないと聞きました。
詳しく研究したわけではないので実際のところは解りませんが、
たくさんの家族が一緒に暮らしているため、
負担はみんなに分散されている、
ということなのかもしれない、と思いました。


家族制度を守ることが正しい、
というわけではないと思います。
そのシステムに馴染まない人が、
道義的に否定されたり排除されたりしてしまう構造は、
やはり、どこか間違っているように思われます。
でも、自分の生活というユニットを、
あまりにも小さくして世界から切り離すと、
「重荷」はしばしば、たった一人の背中にのしかかり、
背負った人がつぶれてしまいます。
仕事の場でも、家庭の中の営為でも、
そうしたことは珍しくありません。
なるべくたくさんの人が少しずつ担う、
というほうがずっと安全です。


2014年、乙女座の人は
「自分の望むもののために、人の力をなるべくたくさん集める」
ことをテーマとするはずです。
仲間を得たり、友達を得たり、
チームを結成したりすることになると思います。
組織を作る人もいるかもしれませんが、
そこに生まれる人間関係は、あくまで平等です。
猿山のようにボスとハーレムがあったりはしません。
お互いがお互いのために、自由に存在し、
あくまでふわりと結びついていられる、
オープンな関係を形成できる時期なのです。


自分自身のために人の力を借りることは、
決して「ワガママ」なことではありません。
前述の通り、
一人で背負っていてはつぶれてしまうようなものを、
たくさんの人に少しずつ分散して預けていくことによって、
相手もまた、自分の背負うものを周りの人に預けていくことができます。
そこでは、義務や責任といった「…すべき論」ではなく、
「やってもやらなくてもいいけど、すこしだけやる」といった、
ふんわりした形を実現できる可能性があります。


自分のかかえる問題を人に相談することを「恥ずかしい」と感じる人もいます。
人の手を借りることを「負けだ」と感じる人もいます。
何もかも自分でやったと誇りたがったり、
自分が犠牲になっていることを人に見せつけることでなぜか、
安堵感を感じる人もいます。
でも、そうした「自分を守るためのもの」によって、
逆に自分が本質的に苦しめられているのは、
悲しいことだと思います。
そんな人生のワナにはまってしまった人にとって、
2014年は本質的な解放の年とすることができるはずです。


自分が何を欲しがっていて、本当はどうなれば充たされるのか。
まずそれを発見するのが、大変なことです。
2014年、乙女座の人は精力的に、
それを突き止めることになると思います。
あるいは、それをもう既に発見している人は、
欲しいものを手に入れるために、
まっすぐに奮闘することになるでしょう。
それは、貴方の個人的な活動にとどまらず、周囲の人々を巻き込んでいきます。
これは決して悪いことではなく、
むしろ、周囲の人にもあたたかな光を投げかけることになると思います。
人は、頼られることによって仲間を増やすのではなく、
自分から頼ることによって仲間を増やすものだと思います。
頼られた人は、頼られた経験を元に、
自分も相手に頼れるようになるからです。
そして、乙女座の人は、
誰かから頼られたとき、誰よりも頼もしい「味方」です。





年の後半、もう一つの「解放」が起こります。
誰にでも「ゆるせない」ことがあると思うのですが、
その鎖が幾つか、外されることになるのです。
ある種のマナー違反を許せなかったり、
子供が大きな声を出すのをゆるせなかったり、
手を洗わないのをゆるせなかったり、
遅刻する人をゆるせなかったり、等々、
人によって許せないことは本当にさまざまです。
ある人がいきり立つようなことに、
他の人は全く無関心だったりすることも、
決して珍しくありません。
ルールの観念、衛生的な感覚、マナ-、規範意識、上下関係、
テリトリーの感覚、道徳、道義的な観念。
そんな、一見合理的なようでも実はかなり恣意的な「ゆるせない」ことを
、なぜかふと、ゆるせるようになったとき、
とたんに自分自身が重たい鎖から解放されることがあります。


「ゆるすこと」「ゆるされること」は、
2014年後半から2015年前半にかけての、
乙女座の世界での主要テーマの1つです。
真に私たちが求める「自由」とは、
「縛られないこと」ではなく、
「ゆるされること」なのかもしれません。
「縛られない」自由は、孤独に結びつきますが、
「ゆるされる」自由は、孤独とは無縁です。


2014年後半以降の「ゆるすこと」「ゆるされること」のプロセスは、
昔関わった人々との交流をきっかけとしてスタートするかもしれません。
懐かしい人、懐かしい場所、
時に心に鈍痛をともなうような記憶を喚起させる出来事が、
貴方を「孤独ではない自由」の世界へと、
導いてくれるのかもしれません。




時期的なことを少し申しますと、
まず1月は年明け早々、何か嬉しいことが起こりそうです。
義務に追われがちな年末年始ですが、
ここでは「自分を楽しませるもの」を見いだすことができるでしょう
。新しい愛がスタートする気配もあります。
月の半ば以降は、雑務に追われるような忙しさがやってきます。
ここから2月半ばにかけて、少々バタバタするかもしれません。
2月は特に、仕事や誰かからの頼まれごと、
自分が担っている責務において、
物事がこんがらがりやすいタイミングです。
ここは慌てず、先を急がず、
縺れたネックレスを解きほぐすように「ひとつひとつ」ことを進めると、
いつの間にかすべてが気持ちよく流れ出していくだろうと思います。
3月には停滞感からも解放され、伸び伸びと過ごせるはずです。
一方、恋愛や創造的な活動については、
2月はとてもすてきな追い風が吹くときです。


3月は出会いの雰囲気に満ちています。
人と会う機会が増えますし、積極的に対話していくことになるでしょう。
人に会いに行くとき、「楽しい用件」で向かう場面が多いだろうと思います。


4月は星座を問わず、大きな転換点がめぐってくるのですが、
乙女座にとっては特に「未来の計画と、そのための元手」ということが
クローズアップされるかもしれません。
何か実現したいことがあって、
そのために必要な資金や材料、手段を手に入れるために、
積極的に動いて行くようなタイミングなのです。
チャンスは突然に巡ってきますし、
意外なところから助け船が出されるかもしれません。
仲間は思ったよりたくさん集まりますし、
目上の人が「友」になってくれる可能性もあるときです。
月末、自分の選択が間違っていなかったことが確認できるような「朗報」が
突然飛び込んできそうです。


5月は未来を見越してしっかり学ぶときです。
この「学習」はこの時期始まったものではなく、
2012年頃からずっと取り組んでいるテーマだと思います。
こつこつ学び続けて来たことが、
ここに来て未来の可能性にダイレクトに結びつくのかもしれません。
経済的な問題を抱えていた人は、
ここから物事が「流れ出す」感じがあると思います。


6月は仕事や対外的な活動の面で、少々もたつくかもしれません。
やり直しが発生したり、行き違いが起こったりと、
なにかとハラハラしそうですが、
一つ一つの問題はそれほど深刻なものではなく、
時間が解決してくれる種類のものです。
手間を惜しまず、時間を延ばせるだけ延ばして取り組むと、
かえっていい結果に結びつくはずです。
また、以前「仕込んで」おいたことが、
タイムラグを経て認められるようなことも起こるかもしれません。


7月はどの星座にとっても、
「新しい時間への扉」のタイミングです。
乙女座の人はこれまで、
どこか「未来」を見つめ続けて来たと思うのですが、
ここから一転して「過去」と強い結びつきを感じるようになるかもしれません。
失ったものが戻ってきたり、なにかが「復活」したりするかもしれません。
「ずいぶん前に似たようなシチュエーションがあったなあ」と思えたなら、
ここから時間をかけて、
以前とは違ったやり方でもう一度、
そのテーマに取り組むことができるでしょう。
また、経済的に問題があった人は、
このタイミングでその問題から解放されるかもしれません。


8月は活発に動き回る時期です。
外に出る機会が多く、コミュニケーションの量も増えます。
時には活発な議論が起こることもあると思いますが、
ここでの議論はおおむね、建設的な結論に着地させることができそうです。
出張や旅行の気配も濃厚ですし、
ここから10月にかけて、引越するひともいるかもしれません。
9月から10月は引越以外にも、
何らかの形で「いつもの風景」が大きく変わる時期となっています。
家族構成が変化したり、生活パターンが変わったりする可能性もあります。
忙しさのあまり、外を飛び回る日々で、
家でゆっくりできる時間が少なくなる人もいるでしょう。


10月は「4月の続き」のようなタイミングです。
4月に起こった大きな変化が、
ここでもう一つの展開に結びついていきます。
乙女座の人にとっては主に、経済的な変化や、
自分が人に対して「担うもの」についての変化が大きいかもしれません。
周囲に対する役割が変わったり、
誰かをサポートするために生活のあり方を変えたりする人もいるでしょう。
10月末には、美しいコミュニケーションが生まれる気配があります。


11月は、愛と情熱と創造性の季節です。
自分がやりたいことを思いきりできるときですし、
なにかに「のめり込む」人もいるかもしれません。
恋愛や子育ての場では、
苛立つような問題が起こる可能性もありますが、
率直かつ情熱を持って「力を注ぐ」と、
潜在的にあった問題を解消し、
それまでよりも好ましい流れを作り出せるはずです。
いずれにせよ「しなければならないこと」よりも
「したいこと」を優先できるときだと思います。


12月は一転して、
「しなければならないこと」がクローズアップされてきます。
とはいえ、「しなければならないこと」に取り組む中で次第に、
「したいこと」のアウトラインが際立ってくる気配もあります。
「しなければならないこと」と「したいこと」のどちらをもつぶさない形で、
「第三の道」をつくり出すことが、
ここから新年にかけてのテーマとなるはずです。



愛情関係については、
愛という感情が自分のなかで「不可解なもう一人の自分」のように存在し、
時に自分を否応なく動かしていく、ということを、
強く意識する年となるかもしれません。
恋愛感情は特にそういうところがありますが、
他のものへの「愛」に関しても、
それが自分のコントロールの及ばないものであることがわかり、
目に見えない「愛」と格闘するように対話することになるだろうと思うのです。


自分の中にあるそうした感情と対話を持たない限り、
愛の問題の原因はいつも「相手」にあるように思えます。
自分の中にある感情の正体が分からないとき、
私たちは「相手が悪いのだ」と思い込むところがあるのです。
そうしたトリックを、2014年は打ち破れるチャンスが何度か、訪れるでしょう。


自分で思うよりもずっと自分が冷静でなく、
自分で思うよりもずっと根深い感情を抱えているということ。
この事実と、様々な出来事を通して「出会って」も、
それを認めない人が少なくありません。
確かに、そうしたことは認めがたいことです。
でも、これを認めないと進めない「愛の物語」がこの時期、
深く静かに進行しています。
これは、この時期に始まったことではなく、
2008年頃から続いている物語なのですが、
2014年はその物語の「山場」が何度か訪れます。
その「山場」となるのは、1月頭と月末、4月、12月です。


愛に追い風が吹く時期は、4月から5月頭、
5月末から6月、9月、12月中旬以降です。




お化け屋敷を通り抜けて、やっと出口にたどり着いたとき、
そこに「いちばん怖いもの」という箱があって、
中を覗いたことはあるでしょうか。
その中に鏡が貼ってあり、自分の顔が映る、という仕掛けです。
世界でいちばん怖いものは、
お化けでも幽霊でもなく、他ならぬ自分自身である。
この仕掛けを最初に考えた人がどういうつもりだったのかは解りませんが、
ジョークのようでもあり、哲学のようでもあります。
よく考えると、これは「戒め」のようでもあり、「救い」でもある気がします。


私たちはお化けや幽霊のような「わけのわからないもの」に怯えます。
未来への不安も、お化けや幽霊に似ています。
想像上のもので、まだ目の前にあるわけではないからです。
でも、実際「最も怖がるべきもの」は、
今ここにいる自分自身なのだ、と考えると、
不思議に心が落ち着きます。
お化けや幽霊に対して、私たちは全く無力ですが、
「今ここにいる自分自身」に対しては、自ら働きかけることができるからです。


2014年、乙女座の人は様々な夢や希望を思い描き、
それに近づいていくことになると思います。
夢や希望が叶うかどうかは神仏の御心のままで、
全く自分の力の範囲外にあるように思われますが、
実際「今ここにある自分」こそがその出発点であり、
もっとも向き合える現実です。
未来を夢見てそこに入って行ったとき、
思いがけず「今までの自分」に出会って、
それと深い対話を重ねることで突如、未来が「自分の中に入ってくる」。
そんなプロセスが2014年から2015年にまたがって、
乙女座の世界に展開して行くだろうと思います。
[PR]
# by sunny-sunnysideup | 2014-01-01 00:00 | 忘却防止部

鯵のガリ巻き

a0071101_11373959.jpg
下町酒場で遭遇した、あじのがりまきヽ(´▽`)/

キュウリの千切りとガリと新鮮な鯵のお刺身を海苔で巻き巻き♡
雰囲気はトロタク巻きみたいな(・∀・)
鯵があぶら乗ってて、すっごく美味しかったので今度作ってみるわ!

ひさしぶりの更新がまた食べ物ネタって・・・(´-ω-`)イイデスカ

*
[PR]
# by sunny-sunnysideup | 2012-05-12 00:00 | 食べモノ

豊田屋@平井

a0071101_20145448.jpg
達人に連れられて下町酒場に♡

豊田屋さんは初の訪問だったけど、下町酒場らしい外観にちょっとドキドキ。
写真はアンコウ鍋、ヤキレバ(ニンニク)、大きめの餃子5個
8時から11時まで、飲んだわ、食べたわ、しゃべったわ~(ノ∀`)

写真にはないけどオムレツがバインセオみたいで美味しかった♡

*
[PR]
# by sunny-sunnysideup | 2012-04-03 00:00 | 食べモノ

シャンプー

a0071101_136597.jpg
基本は石鹸であらってハーブ酢リンスか、オーガニックシャンプーなんだけど。

髪質がちょっとづつ変わってきているお年頃なのでまとまりにくくなってきていたので、
少し変化をつけようと思い、この自然派風シャンプー&コンディショナーを使ってみる。
最初はいいかも♪という印象だったけど、3か月使ったらイマイチということが判明(。´Д⊂)

ということで原点に返り、自家製シャンプーバーを作ることにしました(そのうち、つづく)

*
[PR]
# by sunny-sunnysideup | 2012-04-02 00:00 | 毎日使うモノ


  ◎monomonoブログ◎   ワタシが偏愛するモノモノたちが登場するブログです☆とっておきの懐かしモノもたまに登場したり☆モノが好き∴人は登場しないのでR


by sunny-sunnysideup

プロフィールを見る
画像一覧

☆プロフィール☆

通称:sunny
性別:けっこう大きめの女
誕生日:残暑生まれ
血液型:A型
出身地:東京のあっちがし
性格:優柔不断なお調子者
弱点:閉所、高所

a0071101_2353663.gif

☆link☆
ケーキ日記
やまけんの出張食い倒れ
人妻ランチ。
*

カテゴリ

持ってるモノ
見たモノ
欲しいモノ
ダイジナモノ
限定モノ
タテモノ
書いたモノ
アンティークなモノ
ナツカシイモノ
カワイイモノ
旅モノ
季節モノ
食べモノ
飲みモノ
ス井ーツなモノ
ハナバナシイモノ
いただいたモノ
毎日使うモノ
忘却防止部
空瓶倶楽部
つぶやき

タグ

(84)
(47)
(32)
(32)
(28)
(25)
(23)
(22)
(21)
(16)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)

フォロー中のブログ

責任者をだせィ! on ...
うちの食卓 Non so...
irei blog
レーヴ・ド・ヴィ スタジ...
北欧建築ゼミ アアルト
オーガニックな日々を
フォトブログwdbear
i+i
藤崎圭一郎の雑思録
Kazu's Blog
暮らしは楽しみ
PURE CAFE
新・転寝日誌
スウェーデン織のアトリエから
フランス暮らし、その後・・・
..::ZucZuc★H...
Hotel::COTON
Eightablish
岡村 恭子のデンマークの...
砥部焼
My Suomi Blog
Copain日記
□□□AJ-blog□□□
Kippis! from...
建築家への道 - Far...
人生で大切なことは全てオ...
近代建築ゼミ Moder...
ナツキの盆栽
H A Z U ...
coupe-feti
もののふ帳
happy time

以前の記事

2014年 01月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 05月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧